Pages

塾講師の採用基準は?

塾講師に採用されやすいのは、どのような人なのか。塾講師の採用基準などでは、未経験でも採用されるところがほとんどです。経験がないからといって気にすることはありません。また年齢についても特に制限を設けている塾は少なく、全体的にみれば若い人が多いですが塾によっては、ベテランの講師をおいているところもありますので年齢は採用基準になりません。もちろん、高い報酬が望みならば、できるだけ多くの経験が必要になります。

未経験の場合は基本的に、大きな声と度胸があればスキルは自然と身につきますが、さまざまな事に工夫の出来る人が求められ採用されやすいです。これは誠実さと言えるものです。生徒に教える勉強をできるだけわかりやすく、自分なりに工夫することが大切です。そしていろいろな視点から見ることができて修正能力のある人です。これらが授業の内容を工夫していくものであり、生徒がわかりにくいところは自身で修正していくことで、塾講師としてのスキルが向上していきます。そのほかに必要なのは、向上心のある人です。

塾は生徒の結果や点数そして順位などの数字にシビアな世界です。またお金を払って勉強を子供にさせている親にすれば、成績が上がらなければ意味がありません。単に勉強を教えられる、学力があるというだけでは例え採用されたとしても結果次第では残念なことになってしまいます。大手の塾や他の塾で仕事期間が長くなることで、このような部分は大切になります。